« PAIKAR 2013 #3 | トップページ | LORANの持つ吸引力。 »

2013年5月10日 (金)

おのれナポレオン #3

のはずでしたが,なくなってしまいました。
一番悔しいのは天海さんだろうなあ。。

運よく,4月に至近距離で天海さんのアルヴィーヌを見ることができたけれど,それはもう華があって,りりしく。
残念ながらDVDもなくなってしまったようだけど,背筋をぴんと張ってすっと前を見ていた天海さん,できるだけ心の中に留めておこう。

残りの数回の舞台のために代役を引き受けてくれた宮沢りえさんに女優魂を見た。
りえさんのアルヴィーヌも素敵なんだろうなあ。

残念ながら私はもうチケットを持っていないけれど,遠方の友が何とか見られそうなのでほっとする。
(その裏で,見られない方もたくさんいると思うけれど。。)

やはり,人生を重ねていくと,度々「え?」と思うことが起きるんだよね。
まして生身の人間。この世に絶対というものはない。。

(という台詞をどこかで聞いたな~と,記憶をたどると,仲代奈緒さんの『大切な人~私の家族が見た戦争~』の中の台詞に似たような言葉があった。)

ところで,今回,天海さんと宮沢さんは「男らしい」や「男前」などと形容されたけれど,平成の男性は,優しい,中性的なイメージなので,なんだか違和感があるな~。
むしろ,「女を上げた」と思っている。だよね?

|

« PAIKAR 2013 #3 | トップページ | LORANの持つ吸引力。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おのれナポレオン #3:

« PAIKAR 2013 #3 | トップページ | LORANの持つ吸引力。 »