« 『ロックンロール』 | トップページ | Last Five Yearsの楽に寄せて。 »

2010年4月25日 (日)

『ゲゲゲの女房』がおもしろい。

メインの舞台がなじみの調布なので,最初から欠かさず見ているのでした,『ゲゲゲの女房』。
(リアルタイムにテレビを見られないので,録画までして見ているのだ。。)
ちょっとー,おもしろいじゃないのぉ。。
今週は場面もちょうど調布に移りましたが,当時は辺り一面が畑。
今自分が住んでいるところもそうだけど,ちょっと前までは本当に何もなかったんだ。。

また,地理的なことだけではなく,水木しげる氏や「ゲゲゲの鬼太郎」についてもいろいろと発見。
・「ゲゲゲの」は元々,水木しげるのあだ名「ゲゲ」が基になっている。
・水木しげる氏の調布の家の裏が墓場で,「ゲゲゲの鬼太郎」に生かされている,などなど。

あ,既に有名な話ですよね? きっと。

そして,物語自体も面白く,父親役の大杉蓮,おばばの野際陽子,母親役の古手川祐子,水木しげる氏の父親役の風間杜夫などベテラン役者が脇をしっかり支えている。
水木しげる氏の母親役の竹下景子は,竹下さんとはわからないような今までにない性格の役柄で必見なのでした。

主人公の松下奈緒さんは,あまり内気な女の子に見えなかったけど,頑張っている。

水木しげる氏役の向井理さんはひょうひょうとした演技。
そういえば,実生活で交通事故を起こしてしまったようだけど,大丈夫なのかな??

|

« 『ロックンロール』 | トップページ | Last Five Yearsの楽に寄せて。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事